ジェットスター・ジャパンの搭乗手続きについて


国内線と国際線で搭乗手続きが違う

ジェットスター・ジャパン搭乗手続きは、国内線と国際線で違いがあるので注意しましょう。 国内線の搭乗手続きを行う場合はまず、出発空港のチェックインカウンターへ向かいましょう。 ウェブチェックインを済ませていない人や受託手荷物がある人はここで手続きを済ませます。
通常のチェックインを行う場合、まず自動チェックイン機で、旅程表に記載されているバーコードをスキャンさせます。
もし手元に旅程表がない場合は、予約番号を入力してください。
この手続きが済むと搭乗券は発券されるので、大切に保管しましょう。
このチェックインは出発予定時刻の30分前まで可能です。
それ以降は手続きできませんので遅刻しないようにしましょう。
チェックインが済んだら次に保安検査場へ向かいます。
ここでは飛行機の安全運転を目的としたボディチェックと、機内に持ち込む手荷物について検査を受けます。
航空機

ジェットスター・ジャパンで
webチェックインを使ってみた

ジェットスター・ジャパンの関西・成田線に何度か乗っています。
LCCなので第1便の出発時刻が早い上、チェックインの締切も早いです。
早朝の交通手段は限られているので少しの遅れが命取りになります。
実際私もカウンターの締切に遅れそうになったことがあります。
また、締切直前のカウンターは非常に多くの搭乗客が押し寄せて我先にと並んでいます。
キオスク端末はありますが操作感がガクガクであまりスムーズではありません。
締切時刻を過ぎるといかなる場合もチェックインできず、航空券代金が無駄になってしまいます。
LCCのカウンターはどの空港でも大抵一番遠いところにあるので、手荷物を預ける必要がなければ行くだけで結構手間がかかります。
ジェットスター・ジャパンでは出発予定時刻の48時間前から1時間前までであればwebから事前チェックインできます。
大概受託手荷物を持たずに搭乗しておりカウンターでの手続きが面倒になってきていたこともあり、数回前から自宅PCでのwebチェックインを利用しています。
初めて利用した時にはやや面倒に感じました。My Jetstarにログインして自分の乗ろうとしているフライトを探し、webチェックインを選択します。
危険物の持込みの有無を選択後、受託手荷物の有無と座席指定の希望の有無を再確認されます。
どちらも希望なしとするともうひと押し確認されます。
最終画面まで行くと搭乗券がPDFで発行されます。
これを印刷して持っていく必要があります。搭乗券が既に手許にあるので、受託手荷物がなければそのまま保安検査場に行くことができます。
ただし、ゲート番号が書いていないので自分で空港のホームページや現地で確認する必要があります。
1回自己判断で、「要はバーコード読めればいいんだし、PDFならiPhoneに保存しておけばよいのでは」と考えて、発行された搭乗券のPDFをiPhoneに入れて関西国際空港の保安検査場に行ったことがありますが、検査担当官に「これだと印刷したものでないと」と言われて大急ぎですぐ近くのエアポートラウンジに飛び込んで印刷して事なきを得たことがありました。
当時はA4大のPDF発行の搭乗券しかなかったので印刷でなければ有効とみなされませんでした。
あと5分で保安検査締切だったこともありかなり焦りました。
もっとも、チェックインさえ締切時刻までに済ませておけば保安検査の方は締切きっちりでないことが多いです。
時間が迫った便の優先検査を行う旨をアナウンスしてくれます。
分からない場合は検査場の係員に聞くとどうしたらよいか教えてくれます。
なかなか余裕を持って空港に到着できないことも多く、何度か係員のお姉さんのお世話になっています。
最近はモバイル搭乗券が登場して便利になりました。
PCから手続きした後にスマートフォンのメールアドレスを入力すると専用のアドレスがスマートフォンに届きます。
iPhoneだとそこから自分のPassbookに保存できます。
最初にモバイル搭乗券を使った時は検査場のお兄さんに訝しがられましたが画面にはちゃんと搭乗券と書いてあるので問題ありませんでした。
止められたのはその時だけで、今はスムーズに通過できます。
出発予定時刻の1時間前までにwebから手続きできないと結局カウンターに行くことになります。
1度、行きの電車の中で手続きしていたら電波状況が悪くなって手間取ったためにwebでの手続き締切を過ぎてしまい、関西国際空港に着いてから大慌てでカウンターまでダッシュしたことがありました。
カウンターだと出発時刻の30分前が搭乗手続き締切、保安検査場通過締切は25分前なのでぎりぎりになると空港内を大急ぎで移動することになるので、この時は搭乗前の良い運動になりました。
webチェックイン画面
  1. 国内線と国際線で搭乗手続きが違う
  2. 出発時刻前に余裕をもって手続きを
  3. 予定時刻がずれる場合もあるので、確認を